海外不動産投資とは

投資のプロは、現在海外不動産に注目しています。
不動産会社や投資家などのプロは、国内では少子高齢化によって投資機会が減っていくのに対して、海外では人口が増加し今後も経済成長が見込めるからこそ、投資機会の拡大が見込める国があると考えているからです。
インドネシアやフィリピン、マレーシアなどのアジア新興国では、日本の高度経済成長期のように人口増加や都市への集中が続いています。

そこで、住宅を中心に商業や業務施設などへの需要によって、価格上昇が期待できます。
米国や英国では、経済が成熟化しています。
不動産市場が安定している先進国では、不動産投資を行ったほうが良いと考える不動産投資家が増えているのです。

一方、海外不動産投資は「リスク」が多いと言われています。
為替リスクやカントリーリスク、国内不動産投資ではありえないリスクもあります。
アジア新興国では、為替が上昇する可能性が高く、将来は円安になります。
資金回収には有利という考えもありますが、国が違うと不動産に対しての法律や税制も異なります。
海外からの投資を積極的に受け入れている国は良いですが、法制度が安定していない国での海外不動産投資はとても危険です。
海外不動産投資では、重大な設計施行不良が判明して、費用がかかりすぎてしまう可能性もあります。
海外不動産投資では、気を付けなければいけないことがたくさんあるのです。
当サイトでは、海外不動産投資での心構えを紹介します。


[お役立ちサイト]
初心者にも優しい海外不動産投資情報を発信しているサイトです ⇒⇒⇒ 海外不動産投資 初心者